きょうも、ゆるゆるママ日和!

娘2歳を育児中。のびのび自由遊び重視だけど、発達に合わせて新しい遊びを。母は観察家。

育児書・教育書

「幼児は算数を学びたがっている」ドッツカードを発明した人の本

最近読んだ教育書2冊目。 幼児は算数を学びたがっている 親こそ最高の教師 改訂新版/サイマル出版会/グレン・ド-マンposted with カエレバ楽天市場Amazon 娘が「数」と「量」に興味を持っている様子なのに、理解が進まないし、教え方が分からない。そんなと…

「モンテッソーリ教育で伸びる子を育てる!」とピラミッドメソッド

久しぶりに新しい育児書を読みました。 モンテッソーリ教育で伸びる子を育てる!posted with ヨメレバ 作者:平川裕貴出版社:彩図社発売日: 2018年01月25日楽天ブックスAmazonKindle 7net 小一時間もあればざっと読める本です。子供のお昼寝中にどうぞ。 著者…

「育児をストレスにしたくない」から変わった私の子育て、続けられますように。

娘の子育て、とても楽しいです。 もちろん辛いこと、苦しいこと、イラっとすることだって多いけど、全部合計したら「楽しい」の方がずっと大きい。 子育てを始めて2年近く経った今、自信を持ってそう言えるし、これからもそう言い続けていたい。 でも、きっ…

家でのアート遊びを通じて子供の感覚を育てる 「子供・絵・色 シュタイナー絵画教育の中から」

こちらに引き続き、シュタイナー教育について勉強中です。今回読んだのは、シュタイナー教育のアートについて取り上げた「子供・絵・色 シュタイナー絵画教育の中から」。 子ども・絵・色 シュタイナ-絵画教育の中から /イザラ書房/としくらえみ posted with…

親としてのあり方、子供との向き合い方を振り返る「ママのためのシュタイナー教育入門」

オルタナティブ教育の中でモンテッソーリ教育と並んで注目されている、シュタイナー教育について勉強を始めようと手に取りました。 本書「ママのためのシュタイナー教育入門」はドイツのシュタイナー教師が東京のシュタイナー学校で行なった講座をまとめたも…

子供との向き合い方の「常識」を疑うために 「イギリスのいい子 日本のいい子」

おうちモンテッソーリからは少し離れてしまいますが、最近読んだ教育関係の本を機に思ったことを。 イギリスのいい子 日本のいい子 奇しくもアメリカ・イギリスで教育を受けたり、子育てをしたりした経験があるので、両国と日本の教育について幼児期の「自己…