きょうも、おうちモンテッソーリ日和!

モンテッソーリやシュタイナーを参考にしながら、娘1歳を育児中。

朝は「オレンジジュース絞り」でスタート

朝。限られた時間でやるべきことが沢山あるので、毎日ドタバタです。

 

そんな時にお腹を空かせた娘が「ごはんまだー?」とばかりにキッチンをうろうろ、しまいには「ママ遊んでよー!だっこ!」と言い出してテンパる私。

 

こんな時は何か「お仕事」をお願いするのが一番。

 

最近は、「オレンジジュース搾り」が私たち親子のブームです。

 

普段、娘にはジュースは与えていないのですが、朝のフルーツが一品増えると思うと悪くないし、適度な難易度なので取り入れました。何より私たち大人が生搾りオレンジジュース大好き。

 

一歳半のオレンジジュース搾り

冷蔵庫からオレンジを出す(または、娘がめざとく見つける)と、娘は「じゅっちゅ!じゅっちゅ!」と連呼しながら、オレンジ搾り器とコップを棚から出して作業机に並べる。

f:id:montebiyori:20180424141236j:image

(ふだんはオレンジ一個分。この日は休みの日なので大人の分も。)

 

搾るのはまだうまく力が入れられなくてできないので「ママー!(搾って!)」。

f:id:montebiyori:20180424141256j:image

 

搾り終わるやいなや、コップに注ぎます。トントントン。

f:id:montebiyori:20180424141342j:image

 

結構こぼれるけど、気にせずグイッ!搾り器に残った果肉をフォークでさらって、ごちそうさま。

 

搾り器とコップは食洗機へ。こぼれた果汁はタオルで拭いて、おしまい。

 

オレンジジュース搾りから学べること

肝心のジュース搾りはママがやってるじゃん!というツッコミはごもっともですが、それでも娘にとってはたくさんの作業が詰まってます。

 

道具の出し入れをして、ジュースを注いで、果肉をフォークで取って、こぼれたものを拭く。

 

まだ全部はうまくできないけど、継続は力なり。娘は、物事を順序通りにやることが好き(秩序の敏感期真っ只中)なので、楽しく続けられそう。

 

子供の力でも使えて注ぎやすいオレンジ搾り器を探しています。

 

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ