きょうも、おうちモンテッソーリ日和!

モンテッソーリの考え方を取り入れたおうち育児の記録。

海外引っ越しと見守り育児、そしてカルチャーショック

引っ越しを挟んで更新が空いてしまいました。

 

海外から帰国して、初めて日本での育児をスタート。娘にとっては日本デビュー。

 

基本的な生活リズム(睡眠、食事)の立て直しはすぐ軌道に乗ったけれど、手続きやら何やらで私が心身ともにバタバタしていたこともあって、最近やっと「日常」に戻りつつある感じ。頭の中がごちゃごちゃしていると、子供を見守り、子供と向き合う余裕がなくなるんだなと実感しました。

 

私に余裕がなくて小さな成長に気づけないからか、「旅は子供を成長させる」からか、はたまた月齢的にそんな時期なのか、娘の成長が著しいです。日本での生活による効果か語彙が急激に増えたし、空想遊びが本格化してきました。娘にとっては見知らぬ土地での生活になるのでカルチャーショックが大きくて発達に悪影響があったらどうしよう…なんて本気で心配してたのに、杞憂に終わってよかった。

 

むしろ親の私の方がカルチャーショックを受けることが多々です。暑すぎて外遊びが難しかったり、同月齢でも幼稚園探しをスタートしてたり、習い事をたくさんしてたり、ほぼどこに行ってもア○パンマンがいたり。

 

一番の衝撃は、子育て支援や児童館で当たり前のようにアニメのキャラクターや音楽が使われていること。子供が好きだから使っているのか、そういう場所で頻繁に目にするから子供が好きになるのか。今に始まったことでは全然ないのだろうけど、教育にもコマーシャリズムの波が押し寄せているのを感じて怖くなりました…。アンパ◯マンには罪はないけど。

 

カルチャーショックもひと段落したところで、おうちモンテッソーリを再開できる気がしてきました。ブログもボチボチ更新していきます!

 

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村